改葬・お引越し

改葬・お引越し

お墓が遠距離のため交通が不便だったり、複数の箇所にお墓を持っていて管理が大変だったり・・・
そんなときは、お墓参りを身近に気持ちよく供養ができるような場所へ、新しく墓地をもうけ墓石を立てることをお勧めいたします。

■お引越しの流れ
  1. 古いお墓のあるお寺様にお願いしてお魂ぬきの法要を行います。
  2. 無縁となったお墓は、しかるべき形で処分します。
  3. ご遺骨を掘り出します。(それぞれのご遺骨を全て集めると、新しいお墓に納めきれない場合もありますので少しずつ集めてまとめてもかまいません。)
  4. 整理するにあたって、お寺や自家の過去帳などと照らし合わせ、親戚の方へ聞くなどし、そのお墓が誰を埋葬したものなのかを確認してください。(これを怠るとのちのちトラブルのもととなるケースがありますのでご注意ください。)
  5. 整理が済んだら、新しいお墓で開眼法要を営んでご遺骨を埋葬します。
■お引越しに伴う手続き

埋葬されているお骨を移すときに「改装許可書」を発行いたします。 改葬許可申請書に、現在のお骨を保管しえいる墓地管理者(寺院など)の印をもらい、受入証明書または永代使用承諾証(許可証)と印鑑をもって、お骨の所在地へ行けば発行されます。